誰かに必要とされてないと不安なあなたへ

誰かに必要とされないと不安、必要とされると安心って人は多いのではないでしょうか。でもそれはなぜ起きるのか?興味深いコラムがあったので紹介します。

 

親に限らず人間なら誰しも共感する内容だと思いました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Personal Computer(PC)時代から
Personal Universe(PU)時代を開発開拓していく
人文ベンチャー起業家 Noh Jesu(ノ・ジェス)のメルマガ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術(sTech)が、
電気半導体の開発によって、
PC(パーソナルコンピュータ)時代の
巨大な経済大陸を開拓できた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
電気半導体の先の新素材、
心の半導体の開発によって、
PU(宇宙コンピュータ)時代の
巨大な経済大陸の開拓を可能にする技術です。


■■コラム 親ばなれが悲しい本当の理由とは?

 


子供が成長して親ばなれしていくと思うと

今から悲しいと仰る30代のお母さんにお会いしました。

 


子供が小さいうちは特に

お母さんの代わりは、

誰にも務まらないという場面は多いです。

 


自分がこんなにも

必要とされていると思える子育てには、

とてもやりがいを感じているそうで、

そんな思いになったのは初めてだそうです。

 


だからこそ、なおさら

今から親ばなれしていった後のことを思うと

自分はどうなるんだろうと

不安にもなるそうで、

その時がくるまで今を楽しもうと思ったり、

辛さを軽減できるように、今のうちから

子供とベタベタした関係は

やめておこうと思ったり、

いろいろな考えや思いが出てくるそうです。

 


では、

子供が親ばなれしても変わらずに

やりがいを感じられる人生を送るには

どうしたらよいのでしょうか?

 


誰かに必要とされることで

自分の存在価値を感じるというのは、

裏を返せば、自分自身が

自分に価値を感じていないということです。

 


それはある意味、

自分以外の存在(子供)に依存している

という言い方もでき、

自分で自分の価値を決められずに、

その価値を感じることもできない。

 


言わば、奴隷のような状態とも言えます。

 


この状態から解放されるためには、

本当の自分とは何なのかを明確に知る必要があります。

 


本当の自分とは、誰かに規定されたり、

評価されることで価値が決まるような

存在ではなく、どんな自分にもなれる

可能性の塊であり、自分の思い通りに

自分の存在意義を設定し、

全てを統制することができる人間なのだと

はっきり理解することがとても大事なのです。

 


nTech(認識技術)は、

観点の奴隷状態にいる人間の現在地を認識し

そこから自由になって、どんな条件下でも、

何をしても自分の人生を生きられる

真のやりがいを感じながら生きる

生き方へと案内する技術です。

 


本日も読んでくださり

ありがとうございました。

 

 

 

▼Noh Jesu 1Dayセミナー

 


1996年、自分と自分の宇宙は実在しない!

という衝撃的な発見をしたNoh Jesu

人間そのものの可能性や日本の可能性、

そして誰にも傷つけることのできない

人間の尊厳性との出会いの価値を語ります。

 


⇒ http://www.nr-japan.co.jp/nohjesu/

過去は消しゴムで消せる?

消しゴムで文字は消えても、過去は消せませんよね。過去の失敗や嫌な出来事が頭から離れず、新しいチャレンジが怖くなってしまうものですが、そんな過去も消せる消しゴムがあったら便利ですよね!

 

そんなヒントになりそうなコラムです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Personal Computer(PC)時代から
Personal Universe(PU)時代を開発開拓していく
人文ベンチャー起業家 Noh Jesu(ノ・ジェス)のメルマガ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おはようございます。ノ・ジェスです。

本日も、心が痛まない社会を創る
リーダーを応援するメッセージを発信しています。

■認識技術(nTech)とは?

科学技術(sTech)が、
電気半導体の開発によって、
PC(パーソナルコンピュータ)時代の
巨大な経済大陸を開拓できた技術であるならば、

認識技術(nTech)は、
電気半導体の先の新素材、
心の半導体の開発によって、
PU(宇宙コンピュータ)時代の
巨大な経済大陸の開拓を可能にする技術です。

■■コラム 失敗を恐れないライフスタイルをおくるには?

「失敗は成功のもと」

日本には、そのような
ことわざもありますが、失敗を恐れずに
新しいことにチャレンジするのには勇気がいります。

不安になったり、怖くなったり、
少なからず、そのような感情は
つきものだと思いますし、
もし過去に大きな失敗をして、
ひどい目にあった経験などがあれば、
なおさら失敗が怖くなるのも無理はありません。

ですが、人は失敗を重ねるたびに成長します。

失敗を恐れていては、
自分の可能性を伸ばすことはできません。

では、
失敗を恐れないライフスタイルを
送るためにはどうすればよいのでしょうか?

七転び八起きという言葉があるように
人は失敗して転んだとしても、
諦めずに立ち上がる力をもっています。

何度、失敗しても立ち上がり、
チャレンジし続ける意志があれば、
必ず可能性はひらけます。

それなのに、なぜ失敗を恐れてしまうのか?

それには人間の脳機能の限界が関係しています。

人間の脳は、過去の経験とつなげて、
ものごとを判断、認識するという特徴があります。

それは、過去の失敗(もしくは成功)体験から
つくられる固定観念に縛られてしまう
ということであり、自分自身を
統制できていない状態であるとも言えます。

自分自身を統制できなければ、
世の中の常識や、環境や状況に支配されてしまいます。

たとえ、一時は良かったとしても、
いつか必ず、失敗を恐れたり、
不安になったりして、結果的に
チャレンジできなくなってしまうということ。

過去に縛られていると、必ず苦しくなります。

nTech(認識技術)は、
そのような問題を解決し、
過去の経験から自由になる
「消しゴム機能」を提供する技術でもあります。

過去にも未来にもとらわれない、
失敗にも成功にも執着しない、
今ここ、自分と自分の宇宙を創造し、
統制し続けることができる技術です。

本日も読んでくださり
ありがとうございました。


▼Noh Jesu 1Dayセミナー

1996年、自分と自分の宇宙は実在しない!
という衝撃的な発見をしたNoh Jesu
人間そのものの可能性や日本の可能性、
そして誰にも傷つけることのできない
人間の尊厳性との出会いの価値を語ります。

⇒ http://www.nr-japan.co.jp/ nohjesu/

外付けハッピーから内からハッピーへ


人間関係も仕事もいろんなことがうまくいかなかったんたし。毎日家では冴えない顔、冴えない態度。外に出たらいっぺん。何もなかったように、出来るだけ元気に楽しそうに振る舞う。メイクで外見をできるだけ綺麗に保ち、とにかく冴えないわたしには見えないように。でもまた家に帰れば、冴えないわたし。

 


外につけてつけて、外には見えないように、隠して隠して、大丈夫なふり。

 


そんな自分にも限界が。

 


そんなときnTechに出会いました。

 


外につければつけるほど、隠せば隠すほど苦しくなったわたし。外につけるのではなく、内からハッピーはうまれること、ハッピーは自らつくれるものだとわかった。

 


そんな今は、つけることより、つくること。

 


人生は、きっかけでかわるものだ。

 


あなたは、外付け?それとも内からハッピー?

シンプルは深さ

 

シンプルとは簡単さではなく

深さだと思う今日この頃。

シンプルに行きつくまでのプロセスが

すべて詰まったもの。

複雑な情報に踊らされるのではなく

複雑の中からシンプルさを

みつけられる自分でありたい。

 

質問の変化が人生を変える

わたしは周囲のひとたちからも考えすぎだと言われるくらい、とにかくよく考える人間でした。その考えの多くは、いや明確にするなら、そのすべてが無駄な考えでした。

 


理想とする自分の姿や生き方はなんとなくあるけれど、考えれば考えるほど、その理想が遠のいていきました。

 


じゃあ、なにも考えずに適当に行き当たりばったりでいきてみたら、理想は近くなるのか。そうではありませんよね。

 


なぜ考えても考えても、理想に近づけなかったのでしょうか。これはとても重要なことです。

 


それが、質問です。

 


質問は言いかえるなら、器です。器の大きさ、深さによって、入れることのできるものが決定されるように、どんな質問なのかによって、得られる答えが決定されるのです。

 


つまり、あなたが求める答えを得ることのできる質問をあなたは持っているのか。持っていれば得られるし、持っていなければどんなに質問を投げても、得たい答えには出会うことはできないことを意味します。

 


あなたは、どんな質問をもっていますか?

 

弱さを認めた時に強さに出会う。

強く見られがちなわたし。

強いのではなく

強さで弱さを隠していただけ。

そんな弱い自分を

やっと認識できるようになった。

弱い自分を認めてしまうと

全てが崩れてしまいそうだと思ったけど

むしろ逆だった。

弱さがつくられた原因、プロセス、そして結果。これらがきれいに繋がるとき

わけのわからない自分が

わけがわかるようになった。

なぜそんな態度をとるのか

そんな考え、そんな関係性を築くのか。

みえるようになれば

新しい自分もつくることができる。